毛がもじゃもじゃだと、治りにくい背中ニキビ

背中がもじゃもじゃの毛むくじゃらだと汚くなってニキビなども多くなります。
なので、脱毛サロンなどで、脱毛処理をしてみると良いでしょう。

また、背中ニキビは大人になると出来やすく、治りにくいのが特徴です。お風呂やシャワーを浴びる際に背中ニキビが出来ているところをゴシゴシ擦ると逆に余計治りにくくなってしまいます。
確かに強く擦ることによって皮脂や汚れは落ちやすくなりますが、あくまでにきびの原因となる毛穴の中のアクネ菌までは落ちません。
表面をいくら強く洗ったところで肌の皮膚を傷める結果になってしまいます。それどころか、肌への刺激が強すぎるとシミになって背中ニキビ跡が残ってしまうかもしれません。背中ニキビ用のスキンケアをお勧めします。力任せで落ちにくい、皮脂やアクネ菌を効率よく落として肌に優しく、清潔に肌のお手入れが出来ます。
また、肌を刺激しないようにお風呂のときに体を洗うタオルをナイロンやボディブラシの使用をひかえて、肌に優しい綿のタオルを使って皮膚を傷つけないように優しく洗いましょう。

背中にきび跡はせなかの広範囲にまばらに出来やすい傾向があります。
せなかのにきび痕や虫刺さされ、傷の痕が赤茶色く色素沈着として残ってしまっている方は新陳代謝・保湿ケアがお勧めです。

背中にきびは皮脂量が多く、汗のかきやすいせなか上部に出来やすい傾向があります。
皮脂が毛穴に詰まりやすくなっている事が原因の場合、肌のターンオーバーを整えるスキンケアがお勧めです。

 


キレイモ予約なら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です