Monthly Archives: 6月 2014

にきび跡のシミは、要は「炎症性色素沈着」という病気

140

脱毛エステ中は、日焼けとかはやめてくださいね
背中の開いたファッションや、ウェディングドレスを着るときに気になってしまうのが、背中ニキビや背中ニキビ跡だと思います。
シミよりも背中ニキビ跡で悩む女性が多いらしく、このにきび跡のシミを炎症性色素沈着と呼びます。これは背中にニキビが治ったあとも、にきび跡として茶色い、少し赤っぽい色のシミが残ってしまうことです。こうなると美白成分のビタミンC誘導体などで色素沈着を薄くしていくなど、スキンケアが大変になってしまいます。なので、背中ニキビ跡になる前に、早めの予防とスキンケアが大切になってきます。背中ニキビは出来る前に予防することが一番です。

背中ニキビの原因はなんとアクネ菌!

126

背中ニキビの原因でもあるアクネ菌は、にきびケアでは欠かせない知識です。アクネ菌はいわば細菌です。このアクネ菌と呼ばれている細菌は実は健康な状態の皮膚にも常にあるもので、通常はお肌を弱酸性にしてくれて、皮膚のバリアを持続維持させる味方としての役割があります。以外にみんなアクネ菌を敵として取り除くことばかり考えてしまいがちですが、皮膚にとって大事な役割も担っているのです。ただし、毛穴の中の皮脂を好み、空気が嫌いな細菌です。そのため、毛穴の中が古い角質でふたをされた状態になると中の皮脂の影響を受けてどんどん繁殖していきます。そしてぷくっと腫れた上体をコメドや、白ニキビと呼びます。そうなると味方であったアクネ菌が毛穴の中で毒を発生させてしまい、背中ニキビが出来てしまうのです。

ホルモンバランスの乱れが原因

顔に出来るにきびはもちろんですが、特に体に出来る背中ニキビなどはホルモンバランスの乱れが原因で出来やすいといわれています。だからといってホルモン剤を投入するわけでなく、改善の方法としては、ニキビケア向けのボディーソープや石鹸などを使い、毛穴のアクネ菌対策をおこなって治していく方法をお勧めしますし、一般的な治し方です。また、ホルモンバランスを整えるために朝、昼、晩と適度な食事を取り、夜更かしせずに睡眠をしっかりとってセロトニン物質を分泌させるように規則正しい生活を行いみ、ホルモンバランスを乱れたままにしないように生活習慣を改善していきましょう。

肌にいいビタミン類を摂取する

145

にきび対策としてスキンケアだけを行えば治るかといわれたら、それだけでは治りにくい人がほとんどだと思います。皮膚には水分を保湿する役割や、外からの有害物質から肌を守るバリア機能があり、そのおかげで雑菌やバイ菌から素肌を守ることが出来ています。ただし、健康的な肌の機能を活かすには食事からバランスの良い栄養素をとれるように食生活の特に肌にいいビタミン類を摂取するとお勧めします。野菜や果物を意識して食べるようにしましょう。どうしてもたりない栄養素をサプリメント等で補助的に補うようにしていきましょう。

ストレスを溜め込むことにより背中ニキビが悪化するという人もいます。毎日が忙しく、仕事に追われ、とにかく慌ただしいとき、しっかり睡眠をとって気分転換をし、元気を取り戻ししてみることをお勧めします。睡眠だけでは解消されずストレスがたまり、気分転換が必要なときは、庭の草むしりや床のワックスがけ、クリスタルを磨くことで無心になれると思います。無心になることで私はストレスが残らない生活を心がけています。今すぐベッドに入ったとしても、そのままの精神状態では眠れないというとき、私は、睡眠時間を削ってでも、本を読む時間を作ります。そして精神を休め、自分自身を取り戻して眠りにつく。翌日の元気な目覚めのためにいい眠りを続けていきましょう。ストレス解消に最もお勧めの方法は睡眠です。できるだけ22時までに眠りについてセロトニンを分泌させて肌と脳を休ませましょう。

背中はボディソープを駆使して清潔に保ちましょう!

よく背中ニキビが気になる人が、間違えたお手入れをしてしまうという話を聞きます。背中が汚れていいるからニキビになると思い込み、力強くめいっぱい皮膚にナイロン素材のボディタオルをこすり付けて肌を傷つけてしまっているそうです。どんなに強く体を磨いてもそれだけでは肌はキレイになりません。肌トラブルにあわせてボディーソープや石鹸も使い分ける必要があります。また、背中ニキビや黒ずみを力任せにゴシゴシ磨いていると、肌にシミができてしまい、色素沈着として茶色い色が肌にずっと残ってしまう危険性もあるため、力任せのスキンケアはやめておきましょう。

体を洗う石鹸といっても様々な名称や種類があります。今回は石鹸の種類を紹介していきます。まず、一般的に有名なボディーソープがあります。これは、石鹸と異なる合成洗浄剤と呼ばれるものです。液状で使いやすく種類も豊富に販売しています。そして、透明石鹸があります。こちらはグリセリンを加えるなどして、体の洗い上がりが優しくなりますが、泡立ちが比較的悪く、価格が高めなのが特徴です。薬用石鹸は、デオドランドソープや、消炎剤などが含まれていることが多く、体のニキビなどを抑える目的で使っている人が多い石鹸です。ただ、どの石鹸もブラシやボディタオルなどの硬い素材で肌を強く擦らないように優しく洗いましょう。

背中ニキビならジュエルレインがオススメ。

053

ジュエルレインは口コミで多数の高評価&ユーザー満足度91%という大好評の薬用スキンケア商品です!
お肌に必要な成分を与えてケアするという、
従来のにきびケア商品とは全く違う発想で、
背中にきびをケアしながら、同時に背中ニキビのできにくい健康的な肌を作っていく・・・。
今、最も注目されている薬用スキンケア商品です!!
しかも60日間最後まで使用したあとでも、満足できなければ返金保証が使えます!
これから本格的なスキンケアを始めたい方に自信を持って
お勧めできる背中ニキビケアです!

背中の脱毛やスキンケアで注意すべきこと

にきびケアというとTゾーンと呼ばれる額や鼻などの皮脂が多く分泌されてテカりやすい部分がよく注目されます。ボディはTゾーンに比べて皮脂の分泌も少ないためスキンケアでは意識して、脱毛のお手入れしている人が少なく感じます。

しかし、いざ背中の開いたドレスなどのファッションをしようとしたときに鏡を見て愕然としてしまうのが、背中ニキビ・跡、そして黒ずみです。顔に比べて体は皮脂の分泌が少ないといえど、背中の中央ラインには多くの皮脂腺が集まっています。そのため、皮脂の分泌や汗などがおおくでやすいエリアです。つまり、顔と同じぐらいニキビケアを意識したい箇所です。意外と盲点になりやすい背中のスキンケアも毎日のお手入れに加えて生きましょう。

脱毛時には保湿などスキンケアに気を付けましょう。

背中ニキビケア向けのボディーソープ

背中ニキビが気になる方は、しっとりタイプのボディーソープや石鹸はあまりお勧めできません。ニキビは毛穴に詰まった皮脂や、アクネ菌が増殖することにより炎症を起こして赤ニキビに成長していきます。肌の潤いを保つこともスキンケアではもちろん大切ですが、背中ニキビを治したい方は保湿よりも、大人ニキビケア向けのボディーソープや、背中ニキビケア向けのボディーソープを使って体を洗うことをお勧めします。それだけでも、皮脂を落としやすくして、体を洗う簡単にきび対策として人気です。そして、清潔なタオルで水滴をタオルに含ませるように優しく拭いていきましょう。また、昼間でも汗をかくたびにタオルで汗をふき取るだけでもにきび予防になります。